ソニー特約店が実感する2014年モデル「売れ筋ブラビア」3シリーズ!

名古屋のソニー特約店、カトーデンキで実感している「売れ筋ブラビア」の紹介と売れている理由を簡単に考察してみました。

売れ筋の3シリーズ

感覚的に2014年モデルで売れているなと感じるブラビアは、

  • X9200Bシリーズ
  • X8500Bシリーズ
  • W900Bシリーズ

の3シリーズです。

サイズでいうと、売れ筋は42~55インチになります。

X9200Bシリーズ

KD-55X9200B_images05
ソニーが音にもこだわった4Kテレビです。
テレビに搭載するのが業界初となった「磁性流体スピーカー」がついています。

画質、音質ともに、高レベルにあるので、ほとんどの方は満足できるテレビだと思います。

X9200Bシリーズが売れている理由

以前、日経プラスワンの「なんでもランキング」のテーマが液晶テレビだったとき、X9200Bは総合評価が2位で、音の部分は最高評価でした。

高画質と高音質を1台で実現できるので、とりあえずこれを買っておけば良いという安心感・安定感すらあります(笑)

ただ、スピーカーシステムなど、音響面ですでに環境が整っている方は、X9500BシリーズかX8500Bシリーズをオススメします。

紹介記事です。
高画質で高音質!ソニーのブラビアX9200Bシリーズの特徴!

X8500Bシリーズ

x8500b
X8500Bシリーズですが、一番引き合いが多いのは、KD-49X8500B(49インチのモデル)になります。

ソニーが販売している4Kテレビの中で一番小型かつ値段もリーズナブルな機種です。

X8500Bシリーズが売れている理由

やはり、フルハイビジョンテレビ並みの価格で買える4Kテレビというところに強みがあると思います。

また、4Kテレビのなかではコンパクトなので、置く場所に制限があるとき、4Kテレビとして選択肢にあがるのではないかと思います。

あとは、趣味の部屋におく贅沢なテレビとしても需要があるのかなと思います。

紹介記事です。
高画質液晶テレビ!4Kはソニーのブラビア!X8500Bシリーズの特徴!

W900Bシリーズ

KDL_42W900B
2014年モデルのフルハイビジョンテレビ筆頭格です。

性能的には、X9200Bシリーズをフルハイビジョンにして、磁性流体スピーカーを外すとW900Bシリーズになります。

コントラストや色域など、解像度以外の画質に関する機能は4Kテレビと比べてもそん色有りません。

W900Bシリーズが売れている理由

フルハイビジョンテレビの中では、性能はトップクラスです。

売れている理由のひとつに、液晶サイズがあると思います。
というのも42型という大きさでは、4Kテレビである必要もあまりありません(実力が発揮できない大きさのため)。

40型近辺で、ソニーの主力テレビということで、売れているのだと思います。

紹介記事です。
色域とコントラストがパワーアップ!ブラビアKDL-42W900B

売れ筋まとめ

最近、ソニーは4Kに力を入れています。というのも、小型の液晶テレビは、海外メーカーとの価格競争が厳しいからです。

ラインナップも、小型の液晶テレビが減って、大型の液晶テレビが増えてきています。
今後もしばらくこの傾向が続くと思います。

ラインナップの中心となっている製品が、そのまま売れ筋になっている印象です。

【名古屋限定】テレビの壁掛けに興味のある方へ。

テレビの壁掛けは「空間」と「安全」への投資です。

cato_denki_official_logo

オシャレな空間を演出し、地震にも強くなる。
掃除もしやすい上に、小さいお子さんやペットがうっかり倒してしまう心配もありません。

一石二鳥にも一石三鳥にもなるのがテレビの壁掛けです。

カトーデンキはテレビの壁掛けをオススメしています。
名古屋にお住まいの場合は、カトーデンキにぜひご相談ください!

壁掛け工事の流れや料金表、よくある質問などについては「詳細ページへ」からご覧ください。

      2015/03/07

 - ブラビアを選ぶポイント