4K放送とHEVCという規格について

今回の話は、ブラビアに関していえば、2014年モデル(X8500Bシリーズなど)以前のモデルを購入された方に向けた話です。

新しく普及しそうな動画の規格に、HEVCという規格があります。

MPEG-2やMPEG-4などと同じようなものです。

HEVCは、今までの動画圧縮形式よりも圧縮率などが優秀です。

つまり、より小さいデータサイズでやり取りできるということです。

4Kコンテンツはデータ量が大きい

インターネット上で、動画をやり取りする場合、動画はデータ量が大きいので、圧縮した状態でやりとりされることが普通です。

4Kは、2Kの画素数の約4倍なので、4K映像のデータは従来の動画よりもデータ量が大きくなります。

そこで、4Kの動画ファイルは、新しい動画圧縮形式「HEVC」で圧縮されるというのが有力です。

HEVCをみることが出来る??出来ない??

圧縮された動画を再生するためには、デコーダーという暗号のようなものが必要です。

ちなみに、圧縮するのに使うのはエンコーダーと言います。

HEVCのエンコーダーで圧縮された動画はHEVCのデコーダーがないと解読できません。

ブラビアの場合、2014年モデルの4Kブラビア(X8500Bなど)は、「HEVC」のデコーダーが液晶テレビ本体に内蔵されています。

しかし、2012年と2013年モデルの4Kブラビア(X8500Aなど)は、「HEVC」デコーダーは本体に内蔵されていません。

つまり、現状ではHEVC形式の動画を閲覧することができないわけです。

追記
HEVCデコーダーが搭載されていない機種をお持ちの場合でも、HEVCデコーダーが搭載されている4Kメディアプレーヤーがあれば、4K放送を見ることができます。

ソニーからはFMP-X7という4Kメディアプレーヤーがあります。

>>4Kメディアプレーヤー「FMP-X7」商品詳細ページ

HEVCの使用が想定される場面

今後、IPTV(ひかりTVなど)が4Kコンテンツを配信することになった場合、HEVC形式で配信されることが濃厚です。

そうなった場合、HEVCが内蔵されていないテレビでは、HEVCの映像コンテンツを視聴することができません。

HEVCの対応予定

ソニーのサポートに聞いてみたところ、2014年以前のモデル(X9200Aなど)は本体の対応予定はないそうです。

ただ、4K放送を受信するためのチューナーが今後発売される予定ですが、そのチューナーにHEVCのデコーダーが内蔵される予定なので、X8500Aシリーズなどの2013年モデルを購入された方でも、HEVC形式の動画を楽しむことができるようです。

追記
HEVCデコーダーが搭載された機器が発売されました。
ブラビアと、この「FMP-X7」を接続すると、4K放送が視聴可能です。

>>4Kメディアプレーヤー「FMP-X7」商品詳細ページ

本体がHEVCに対応しているブラビアは2014年モデル4Kブラビアの比較で紹介しています。

ソニーのサポートページに、対応表が掲載されています。
4K対応ブラビアはHDCPバージョン2.2に対応していますか?

【名古屋限定】テレビの壁掛けに興味のある方へ。

テレビの壁掛けは「空間」と「安全」への投資です。

cato_denki_official_logo

オシャレな空間を演出し、地震にも強くなる。
掃除もしやすい上に、小さいお子さんやペットがうっかり倒してしまう心配もありません。

一石二鳥にも一石三鳥にもなるのがテレビの壁掛けです。

カトーデンキはテレビの壁掛けをオススメしています。
名古屋にお住まいの場合は、カトーデンキにぜひご相談ください!

壁掛け工事の流れや料金表、よくある質問などについては「詳細ページへ」からご覧ください。

      2015/04/18

 - テレビを選ぶポイント