3D対応高画質スマートモデルW800Bシリーズ

KDL-42W800B
ソニーの3D高画質液晶テレビのブラビアW800Bシリーズ。

3D対応の高画質スマートモデルとして発売されたW800Bシリーズは50V型と42V型がラインナップされています。

3D視聴と低音にこだわったW800Bシリーズの魅力をご紹介します!

色彩豊かで高画質!しかも高速度!その秘密は…

y_KDL-W800B_x-realitypro
ソニーの高画質エンジン「X-Reality PRO」を搭載しています。

ソニー独自のアルゴリズム処理の最適化や超解像技術で、驚くほどの高画質を実現!

圧縮されて失われた細かな情報も、ソニー独自のデータベースと照合し、可能な限り復元します。

ブラビアでYoutubeなどの映像をみると、「X-Realityすごい!」と実感できます。

大画面で迫力ある立体映像を見られる3D視聴!

y_KDL-42W800B_3d
W800Bは、臨場感ある3D映像が楽しめる機種になっていますが、注意が必要です。

W800Bシリーズは、サイズによって3Dの方式が違います。

50型はアクティブシャッター方式、42型はパッシブ方式です。

別売りの3Dメガネ(3D映像の視聴に必要)を購入する場合は、間違えないように気をつけてください。

アクティブシャッター方式「TDG-500A」(50型はこっち)

パッシブ方式「TDG-500P」(42型はこっち)

安いからといって、パッシブ方式の3Dメガネを買っても、アクティブシャッター方式で投影するテレビでは3Dには見えません。

同じように、高いから大丈夫といって、アクティブシャッター方式の3Dメガネを買っても、パッシブ方式で投影するテレビでは3Dは見れません。

3Dの映像方式について

アクティブシャッター方式というのは、映像だけではなく、3Dメガネにも仕掛けがあります。

パッシブ方式と比べて、解像度が高い3D映像を見ることができるのが利点です。

その分、3Dメガネの価格がパッシブ方式よりも高いです。

動きを滑らかに描写する倍速駆動パネル

y_KDL-W800B_2x-panel
テレビ放送は1秒間に60コマですが、W800Bでは1秒間に120コマに補完します!

テレビもパラパラ漫画と同じ原理なので、コマ数が多いほど映像はなめらかになります。

スポーツ観戦などスピーディさを求められるシーンで実力を発揮します。

50型のみの機能になります。

早い動きに強い!1秒間に240コマ!!

y_KDL-W800B_motionflow-xr
W800Bには先ほど紹介した、倍速駆動パネル(1秒120コマ)にバックライトオン/オフを自動的にする「モーションフローXR240」技術を搭載しています!

1秒に240コマの映像と同等の画像スピードを実現する事で、動きの速いスポーツ番組もくっきり見えます!

50型のみの機能になります。

高画質と薄型を実現したLEDバックライト

led-backlight
バックライトには、エッジ型のLEDを採用する事で、低消費電力と薄型・軽量化が可能になりました。

高画質で薄型なのに高音質!!

y_KDL-W800B_clear-phase
ソニーの高級オーディオ機器の技術を生かした「Clear Phaseテクノロジー」が採用されています。

振幅特性を平均化した為、自然でクリアな音が聞こえます!

 大迫力の低音と聞き取りやすさのサウンド!

y_KDL-W800B_reflexspeakerbox
W800Bシリーズには本体背面に豊かな低音の出力できるバスレフ型スピーカーを搭載!

コンパクトなスピーカーボックスなのにクリアで大迫力のサウンドを再現してくれます!

音の通りがよく、人の声などを聞き取りやすい仕様になっています。

スタイリッシュさも兼ね備えた標準壁掛け仕様!

y_KDL-W800B_stand
付属のテーブルトップスタンドが壁掛け金具として使用可能です。

壁掛けに必要な金具は全て同梱されているため、意外と高かったりする壁掛金具を別途購入する必要がありません。

ねじは同梱されていないので、径8mmのねじを用意する必要があります。

これだけ高画質なのに嬉しいECOモード機能搭載!

y_KDL-W800B_-eco-panel
バックライト制御により、消費電力をカットします。

また、細かな制御により、高コントラストを実現しています。

節電機能

明るさセンサー:
部屋の明るさに合わせて、画面の明るさを自動調整してくれます。
自動でムダな消費電力を抑えてくれます!

節電機能:
「消費電力」メニューから選択すると、映像の明るさを抑えて消費電力を抑えてくれます。

無操作電源オフ:
何も操作せず一定の時間がたつと、自動的にスタンバイモードに!

消費電力レベルバー:
現在どれだけ節電できているかの目安を確認できます。

ディスプレイサイズとラインナップ

50V型 KDL-50W800B

外形寸法(cm)
幅×高さ×奥行[スタンド含む]:
111.6x65.6x6.4 [111.6x69.3x17.9]

42V型 KDL-42W800B

外形寸法(cm)
幅×高さ×奥行[スタンド含む]:
95.8x56.3x6.4  [95.8x60.0x17.0]

W800Bシリーズをオススメする理由!

KDL-42W800B_image006
W800Bシリーズは、価格を抑えめで3D映像が見たい人にオススメです。

3D映像をみたことがある人はわかると思いますが、やはり迫力が違います。

3Dコンテンツのゲームや映画を楽しみたい方には、W800Bシリーズをオススメしています。

W800Bの50型と42型では機能にいくつかの違いがあります。

倍速パネルとモーションフローXR240は50型しかついていません。

42型相当で、倍速パネルなどが欲しい場合は、少しランクが上がってしまいますが、KDL-42W900B(42型です)がオススメです。

ブラビアKDL-42W900Bの紹介記事を書いたので参考にしてください。

あまり3Dに魅力を感じない人は、W800BシリーズではなくW600Bシリーズをオススメします。

W600Bシリーズは3D機能はなくなりますが、その分リーズナブルになります。

【名古屋限定】テレビの壁掛けに興味のある方へ。

テレビの壁掛けは「空間」と「安全」への投資です。

cato_denki_official_logo

オシャレな空間を演出し、地震にも強くなる。
掃除もしやすい上に、小さいお子さんやペットがうっかり倒してしまう心配もありません。

一石二鳥にも一石三鳥にもなるのがテレビの壁掛けです。

カトーデンキはテレビの壁掛けをオススメしています。
名古屋にお住まいの場合は、カトーデンキにぜひご相談ください!

壁掛け工事の流れや料金表、よくある質問などについては「詳細ページへ」からご覧ください。

      2014/09/18

 - ブラビアのラインアップ