4Kテレビって何が違うの?4Kの魅力とは

4K-logo

4Kテレビとは?

4Kテレビとはフルハイビジョンの画素数(約207万画素)の約4倍、約829万画素の高解像度を誇る液晶テレビのことです。

解像度とは?画素とは?

解像度は、簡単に言えば、点の数という風に言い換えることができます。

デジタル映像は、細かな点の集合で表現されています。

この点のことを「画素」といいます。

1画素だと点が1個、207万画素だと点が207万個、829万画素だと点が829万個ということです。

なぜ解像度が高いと良いのか?

ドット絵やピクロス(懐かしい)を想像してもらえるとよくわかります。

点が多いほうがより細かくきれいな絵が書けるのと同じで、画素数が多いほうがより繊細な映像を表現できるわけです。

フルハイビジョンから4Kへの進化をドット絵で例えるならば、今まで200ドット(20×10)で描いていた絵を800ドット(40×20)で描くということになります。

表現力がより豊かになることがわかっていただけると思います。

視聴距離が近くなる

フルハイビジョンの大型テレビ(50型など)では、1mくらいの距離まで近づくと画素が目立ってところどころ映像が粗く見えるかもしれません。

しかし、4Kテレビでは、フルハイビジョンテレビの約4倍細かい映像なので、画面の大きさにもよりますが、1mくらいまで近づいても粗さは目立ちません。

画素が目立たないギリギリの距離のことを視聴距離と呼びます。

4Kテレビの視聴距離はフルハイビジョンテレビの約半分になります。

視聴距離近辺で映像を視聴することで、視野に占める映像の割合が増えます。

ものすごい迫力です。

ホームシアターシステムなどで音関係を補完すれば、いっそう迫力は増します。

今までのテレビより視聴距離が近いので、目が痛くなりそうだと勝手に想像していましたが、映像が細かいおかげか、目が痛いという風に感じることはありませんでした。

4Kを生かした使い方

4Kテレビでオススメしたい使い方のひとつに、写真鑑賞があります。
デジタルカメラで撮影した写真を、4Kテレビに映すことで、お気に入りの写真を大画面で鑑賞できます。

4Kブラビアの大画面いっぱいに写真を表示する方法

ブラビアには、サイバーショット(ソニーのデジタルカメラ)やα(ソニーのデジタル一眼)と連携する機能があるので、Wi-Fi環境またはNFC機能があれば簡単に鑑賞できます。

USB接続や、USBメモリーなどでも写真を取り込むことが可能です。

写真仲間で鑑賞会を開けば、写真の自慢と、4Kブラビアの自慢が同時にできますね(笑)

どんな4Kブラビアがあるかは、2016年春モデルのブラビアが発表!注目ポイントのまとめ!に詳しく書きました。

生産完了しているモデルもありますが、2016年春モデルブラビア「サイズ別ラインナップ」もあります。

地上波でもBSでも4Kって視聴できないんでしょ?

2016年7月現在、4K画質の映像は、地上波はもちろん、BSでも放送されていません。

CSのスカパーでは4K放送があります。

これだけを考えると、4Kテレビがなぜ売れているのかわからないと思います。

4K放送が始まっていないのに、4Kテレビが買われる理由

【名古屋限定】テレビの壁掛けに興味のある方へ。

テレビの壁掛けは「空間」と「安全」への投資です。

cato_denki_official_logo

オシャレな空間を演出し、地震にも強くなる。
掃除もしやすい上に、小さいお子さんやペットがうっかり倒してしまう心配もありません。

一石二鳥にも一石三鳥にもなるのがテレビの壁掛けです。

カトーデンキはテレビの壁掛けをオススメしています。
名古屋にお住まいの場合は、カトーデンキにぜひご相談ください!

壁掛け工事の流れや料金表、よくある質問などについては「詳細ページへ」からご覧ください。

      2016/07/25

 - テレビを選ぶポイント