穴をあけない?自分で?テレビを壁掛けする方法をまとめました。

テレビの壁掛けってオシャレで憧れますよね?

オシャレな空間を演出することができるだけでなく、テレビの下の空間を使うという選択肢が増えるのもポイントです。
BDレコーダーなどとの接続コードは壁の中に隠ぺい処理するなどして、テレビ周りに何も置かない方法もあります。

オシャレなだけでなく、壁掛けされたテレビは地震にも強いです。

ただ、一度設置すると、テレビを移動できない点や、コードを増やしたり交換するのが大変など、主にメンテナンス面では注意が必要です。

もちろん、良い面・悪い面両方ある壁掛けテレビですが、そもそも、どうやってテレビを壁掛けするのかいまいちよくわからない部分も多いと思います。
ということで業者に頼むやり方から、全部自分でやってしまうやり方まで、テレビの壁掛け方法で有名なもの(?)をまとめてみました!

自分でやるか?業者に頼むか?

壁掛けの方法を紹介する前に、自分でやるか業者に頼むかについて少し書いておきます。

自分でやったほうがお金はかかりませんが、作業時間が必要になります。
逆に言えば、壁掛け作業の時間を楽しめる方は自分でやるのはオススメかもしれません。

ただ、テレビの大きさにもよりますが、テレビを壁に掛ける時は2人以上で作業されたほうが良いです。
また壁の強度の確認を含め、すべて自己責任になります。

作業に自信がない場合は、業者に任せるのをオススメします。
自信がない状態で作業すると、仮に壁掛け出来たとしても、寝るときなどふとした瞬間に不安になるかもしれないからです。

コードを壁の中に隠ぺいするのは道具が必要だったりと大変ですが、モール(カバー)で隠す方法ならDIYの範囲でやれます。

しかし、新たに電源を作るといった作業は感電の危険や火災の原因になる可能性があります(第二種電気工事士の資格が必要です)。
コードを壁の中に隠ぺい処理したり、埋め込み電源を増設したい場合は、壁掛け業者に頼みましょう。

名古屋でテレビの壁掛け工事行います。

自分でテレビを壁掛けするやり方

自分でテレビを壁掛け出来れば、工事費が浮くので業者に任せるよりは安価に済ますことができると思います。

ただ、注意したいのは、自分で設置を行うということはすべて自己責任ということです。
自分にできるか心配な方は、業者にまかせるのが良いと思います。

壁に穴を開けても大丈夫な場合

純正の壁掛け金具を使う

wall-acc
テレビメーカー純正の壁掛け金具を使う方法です。
一番基本的な方法といえます。

例えばブラビアなら、それぞれ対応する壁掛け金具が存在します。
テレビの型番と対応する壁掛け金具を確認してから購入しましょう。

ソニーストアで取り扱っていないという風に表示されているかもしれませんが、ブラビア本体を購入する際に同時購入することができます。

すでにブラビアを買っていて、金具だけ欲しい場合は、ソニーショップか家電量販店で取り寄せてもらうことになります。

関連商品一覧 | 液晶テレビ BRAVIA ブラビア | ソニー

純正壁掛け金具の良いところは、メーカー純正なので、対応していれば必ず使える点です!

ただ当たり前ですが、金具を壁に設置する工程を自身で行う必要があります。

ドライバーなどの工具はもちろんですが、簡単なもので良いので水平器(水平かどうか計る道具)も用意しておくと良いです。

TRUSCO ポケットレベル25×70


↑簡単な水平器です。これはAmazonでだいたい800円くらい。ホームセンターでも買えます。

水平かどうかを計ることが出来るので、壁掛けしたテレビが傾いていないか判断できます。

壁掛けするのに、壁の補強が必要かどうか判断できない場合(責任が持てない場合)は、やはり業者にまかせるのが良いと思います。

壁掛け金具メーカーの金具を使う

壁掛け金具にはメーカー純正以外にもいくつか種類があります。

メーカー純正でないものを使うメリットとしては、自分のイメージにあった壁掛け金具が見つかる可能性があるという点です。

例えば、テレビの角度を比較的自由に変えられるアーム式の壁掛け金具なども存在します。

ただ、それぞれの壁掛け金具が、設置したいテレビに対応しているかどうか調べる必要があります。

壁掛けしたいテレビの型番を調べて、金具が対応しているか確認してからを購入しましょう。

比較的設置が簡単そうな商品を紹介します。

ホッチキスで壁掛け!?壁美人

壁の素材が石こうボード専用ですが、壁美人という商品があります。
ホッチキスで壁掛け金具を固定するという画期的な商品です。

ホッチキスの穴の大きさはかなり小さい様子などが紹介されています。

ただ、重さの関係で大型テレビ(47インチまで?)の壁掛けには対応できないようです。

詳しくは下記サイトでご確認ください。
テレビ壁掛けショップ本店

壁に穴をあけられない場合(賃貸など)

壁寄せスタンドで壁掛け風にする

hayami-stand

壁に穴をあけるかわりに壁寄せスタンドを使うことで、壁掛け風にすることが可能です。

壁寄せスタンドは種類が豊富でオシャレなものも多いです。

スタンドを組み立てる必要はありますが、壁に穴をあけなくても良いので、賃貸マンションなどで便利かもしれません。

また、引っ越し時も、スタンドを解体して新居に持っていけるのもポイントです。

壁寄せスタンドでよく聞くのはハヤミ工産のハミレックスでしょうか。

写真のスタンドもハヤミのスタンドになります。
【HAMILeX】TVボード、AVラックの開発・販売

突っ張り棒方式で柱を作る

マンションなどの壁を使うのではなく、突っ張り棒のイメージで柱を作り、そこに壁掛け金具を設置するというやり方があります。

突っ張り棒タイプの壁掛け金具もありますが、その棒すら自作してしまおうというのが、次に紹介する「ディアウォール」です。

突っ張り棒が作れる!ディアウォール

WAKAI ディアウォール 上下パッド 1セットツーバイフォー


ホームセンターなどで買ってきたツーバイフォー(2×4)材の先端に取り付ける商品です。

ディアウォールの価格は変動しているようですが、Amazonでは1000円くらいで売っています。

ツーバイフォー材も、ホームセンターでカット込みで2本で2000円以内に収まると思うので、比較的安上がりに壁掛けの環境を作る事ができます。

床から天井までの高さから約45mm短いツーバイフォー材の両端にディアウォールを取り付けて、突っ張り棒のように使えば完成です。

ただ、ネット上では約40mmがオススメみたいです。
賃貸DIYの救世主? ディアウォールを買ってみた! 感想や注意点など

あとは、新しくできたディアウォールの柱に壁掛け金具を取り付ければ、テレビの壁掛けができるという寸法です。

かなり自由度の高い方法ですが、強度面については自己責任でやる覚悟は必要ですね。
最初は大丈夫でも、天井の強度の問題(日にちが経つにつれてへこんでくるなど)も出てくる方法なので、定期的にチェックするのが良いと思います。

テレビの壁掛けを業者にまかせるやり方

業者に任せると良い点は、お金を払ってやってもらうサービスだという点です。

テレビの水平もしっかり出してくれます(作業する側としてはかなり気にします)し、テレビが落ちるかもしれないという心配をする必要もありません。

あとは壁の中へケーブルを通すなど、ケーブルが見えないように処理してもらうこともお願いできたりします。

壁掛け工事の業者の中には、テレビが壁から落ちた場合の保証がついているところもあるので安心です(事前に確認を)。

ただ、壁掛け工事は、設置場所の環境によって必要な工事が変わります。

なので、おおよその工事費は教えてもらえると思いますが、最終的な金額については、見積もりしてもらうのが一般的です。

ちなみに、カトーデンキが施工する場合の工事費の目安は「名古屋でテレビの壁掛け工事行います。」の料金表で確認できます。

すでにあるテレビを壁掛けしたい場合

テレビの壁掛け工事をしている業者を利用することになります。

それぞれ対応地域が限られている場合があるので、注意が必要です。

名古屋でテレビの壁掛け工事行います。

ジャストップ

特許取得済みのテレビ壁掛けシステム「JUSTOP」

P1010745

ジャストップはアースクリーン株式会社が特許取得している工法で、従来よりも簡単な工事で、大型テレビの壁掛けも可能です。
2時間程度で壁掛け工事が完了します。

ジャストップについて、詳しくは下記のページをご覧ください。
テレビ壁掛けシステム【ジャストップ】 | テレビは壁掛けの時代、簡単な工事で取り付け可能

テレビの購入時に頼む

テレビの購入時に、同時に工事を頼むのが一般的です。

家電量販店などでもテレビの購入時にお願いすれば、提携している業者を紹介してくれると思います(工事費は値切らないほうが良いと思います)。

ソニーの液晶テレビ「ブラビア」の場合は、ソニーストアCATO DENKI.comでも対応しています。

名古屋の方ならオススメの提案あります。詳しくは下記をご覧ください。
「もっとテレビを壁掛けして欲しい!」壁掛けテレビのハードル下げました!(名古屋限定)

ソニーストア

ソニー直営店のソニーストアでは、ブラビア購入と一緒に壁掛け工事を依頼することができます。

壁掛けの良さについて特集ページをつくる力の入れようです。
わが家で実現!憧れの壁掛けテレビ | 液晶テレビ BRAVIA ブラビア | ソニー

なぜソニーが壁掛けに力を入れているのかというと、ソニーのブラビアには壁掛けを意識して設計されている機種があるからです。

それが、X9300Dシリーズです。

壁掛けを検討されている方はX9300Dシリーズを、X9300Dシリーズを検討されている方は壁掛けをそれぞれ検討すると良いんじゃないかと思えるような機種です。

2016年春モデル4Kブラビア最高画質。X9300Dシリーズレビュー!

ソニーストア

カトーデンキ

このサイトを運営しているカトーデンキでも壁掛け工事を承っています。

名古屋などカトーデンキの近くの場合は、カトーデンキが責任を持って作業いたします。

ジャストップ施工研修を受講した認定施工者がいますので、ご安心ください。

その他の地域については、JUSTOPまたはソニーストアの委託業者が壁掛け設置を行います。

名古屋でテレビの壁掛け工事行います。

名古屋の方ならぜひ見て欲しい提案があります。詳しくは下記をご覧ください。
「もっとテレビを壁掛けして欲しい!」壁掛けテレビのハードル下げました!(名古屋限定)

これからはテレビの壁掛けは増えてくる

ざっと場合分けしながらテレビを壁掛けする方法を紹介してきました。

テレビを壁掛けすると、テレビ台を置かなくても良かったり、テレビの下の空間を利用出来たりというのはもちろんですが、テレビが置いてある空間そのものの印象が結構変わります。インパクトもありますし。

オシャレな空間づくりというだけでなく、ペットのいたずらや、小さいお子さんがテレビを倒したりしてしまう心配などもいらなくなります。

ただ、壁に固定する場合は、模様替えなどは簡単にできません。
設置する際によく考える必要はあります。

メリットもデメリットもありますが、JUSTOPなどの登場で壁掛け工事の費用や工事日数などのハードルがだいぶ下がったこともあり、徐々に壁掛けする方が増えている実感はあります。

壁掛けを検討されている方は気軽にお問い合わせください。
「CATO DENKI.com」問い合わせフォーム

壁掛けにオススメのブラビア

壁掛けをかなり意識して作られているのはX9300Dシリーズです。
かなり薄型のデザインで、なおかつ専用金具で壁掛けした時のテレビと壁面との距離が短くなるように設計されています。

壁面とテレビの距離が近いと、壁に埋め込まれているイメージが生まれ、映像への没入感が高まります。

また、テレビのフレームもかなり狭くなっていて、映像が浮いているような効果を受けると思います。

そして、画質は2016年モデルの中で最高画質です。

レビュー記事はこちらです。
2016年春モデル4Kブラビア最高画質。X9300Dシリーズレビュー!

X9300Dシリーズより画質などはワンランク下がりますが、X8500Dシリーズも壁掛けにオススメの機種になります。
ソニーのミドルレンジ4KテレビX8500Dシリーズレビュー【2016春モデルブラビア】

名古屋の方ならオススメの提案あります。詳しくは下記をご覧ください。
「もっとテレビを壁掛けして欲しい!」壁掛けテレビのハードル下げました!(名古屋限定)

【名古屋と近郊の方向け】テレビの壁掛け工事やってます。

テレビの壁掛けは「空間」と「安全」への投資です。

cato_denki_official_logo

オシャレな空間を演出し、地震にも強くなる。
掃除もしやすい上に、小さいお子さんやペットがうっかり倒してしまう心配もありません。

一石二鳥にも一石三鳥にもなるのがテレビの壁掛けです。

カトーデンキはテレビの壁掛けをオススメしています。
名古屋・近郊にお住まいの場合は、カトーデンキにぜひご相談ください!

壁掛け工事の流れ料金表よくある質問などについては「詳細ページへ」からご覧ください。

      2016/10/21

 - テレビを楽しむ