10万本以上のコンテンツから4K動画配信まで!動画配信サービスのまとめ

動画配信サービスとは?

レンタルビデオ屋に行って、BDやDVDを借りてくるのも良いですが、自宅でいつでも好きな時に好きなコンテンツを楽しめると良いですよね?

動画配信サービスは、月額利用料(1000円くらい)を支払うことで、インターネットを通していつでも好きな時に好きなコンテンツを楽しめるサービスです。

ビデオオンデマンド(VOD)やビデオ配信サービスと呼ばれることもあります。

各サービス、コンテンツのラインナップは豊富なので、どのコンテンツを見ようか決まっていないときもコンテンツを選ぶ楽しさがあります。

ただ、動画配信サービスも結構種類が増えてきています。

ブラビアで視聴できるビデオ配信サービス

動画配信を行なっているサービスはいくつもあって、料金体系やコンテンツの量、得意なコンテンツに違いがあります。

例えば、アニメが豊富なサービスもあれば海外ドラマに重点を置いているサービス、オリジナルコンテンツを積極的に配信しているサービスなどもあります。

  • hulu
  • U-NEXT
  • NETFLIX
  • 楽天SHOWTIME
  • TSUTAYA TV

他にもdTVや4Kアクトビラ、Amazonプライムビデオなど多数あります。

ブラビアで視聴できる動画配信サービスから5社を抜粋してそれぞれ比較してみました。

サービスの違いと特徴

動画配信サービス表

安心の見放題プランは?

この中で月額定額で見放題なのは、NETFLIXとhuluの2社。

完全なる定額制で追加課金要素はないので、有料作品との区別なく公開動画をたっぷり見る事が出来ます。

NETFLIXに関しては画質によって定額料金が変わります。

U-NEXT・楽天SHOWTIME・TSUTAYA TVは定額で視聴できるコンテンツと、新作映画など別途料金が必要なコンテンツが存在するシステムになっています。

コンテンツが充実しているのは?

月額料金で見放題のサービスではhuluの本数が多いです。

NETFLIXは数字だけ見るとコンテンツ数は物足りないですが、かなり製作費のかかっている大型オリジナルコンテンツがラインナップされているのがポイントです。

とにかく、たくさんある動画の中から選びたいならU-NEXTがオススメ。

画質で選ぶなら?

各サービスで提供される画質(解像度)にも違いがあります。

画質で選ぶならNETFLIXになります。

NETFLIXは4K画質のコンテンツが豊富です。

加えて、次世代映像規格のHDR映像にも積極的に取り組んでいます。

執筆時点では「マルコポーロ」という歴史ドラマがHDR対応で配信されています。

スマホやタブレット、パソコンでの視聴が中心という方なら、4K画質は必要ない(人間の眼の性能上)と言えるので、フルHDまたはHD画質で十分といえます。

ただ、4Kブラビアなどの大型テレビで視聴するなら、4K画質で視聴するのがやはりオススメです。

家族で共有するなら?

家族で動画配信サービスを楽しむさいに気をつけたほうが良いのが、同時視聴に対応しているかどうかです。

非常に大事なポイントです。

同時視聴に対応していないと、アカウントを共有している家族の誰かが視聴しているときは同じアカウントでは別の端末で視聴できません。

例えば、子供がスマホで視聴していたら、リビングで視聴できないという状況などが考えられます。

同時視聴に関して、優秀なのはNETFLIXとU-NEXTです。

最大4台までというのが中々の許容範囲の広さだと思います。

ファミリーアカウントで最大4人までのアカウントが作成できるので、複数の同時視聴に対応しています。

U-NEXTは複数のアカウントにそれぞれR-18やR-15の視聴制限を設ける事が出来るので、家族で共有するうえで、子供の不適切な動画視聴を制限することができるので安心です。

しかし、U-NEXTは同作品を同じ時間に見る事は出来ません。

楽天SHOWTIMEは複数台で見る事はできますが、一部不具合が生じるみたいです。

TSUTAYA TVはマルチスクリーン対象のコンテンツなら同時視聴可能です。

サービス・コンテンツの強み

hulu

hulu_top
huluはアメリカ発の動画配信サービスで、動画配信サービスの発祥とも言えます。

2008年からサービスを開始して、人気が高まりました。

2014年4月から日本テレビの子会社が運営開始した事で、最近では日本のドラマや映画も数が増えてきました。

メリット
  • 日本テレビグループなので日テレ系の番組が多い
  • ドラマ・アニメ・バラエティー・お笑い番組の配信量が豊富
  • 海外ドラマはいち早く更新される
  • 完全定額制でhulu内動画なら何でも見れる
デメリット
  • 期間限定のみの放送などが多数ある
  • 複数の端末で同時視聴できない
  • 画質がHDまで

huluのおすすめポイントは日本のコンテンツが増え続けている事。

最近ではワンピースの映画公開に伴って過去の映画が大量に視聴可能にもなっています。

お笑い番組や、AKB48のドキュメンタリーも豊富にそろっているのに価格も非常に安価です。

価格的にも気軽に始めるのには良いかもしれません。

画質はHDまでの対応なので、NETFLIXやU-NEXTと比べると画質は劣ります。

50インチ以上のテレビで、NETFLIXの4K動画に見慣れている場合、huluを見ると少し気になる部分があるかもしれません。

DVDの画質よりは断然きれいです(笑)

hulu 無料お試しは2週間

NETFLIX

NETFLIX_top
2015年の7月までに全世界で6,500万人以上の加入者がいます。

世界のシェア率No.1のサービスが日本でも利用できます。

NETFLIXは基本的には定額の見放題ですが、画質によって価格が異なってきます。

ベーシックプラン[SD画質=DVD]:650円
スタンダードプラン[HD画質=ブルーレイ]:950円
プレミアムプラン[4K画質]:1450円

手持ちの端末に合わせて価格調整も出来ると考えるとありがたいところです。

例えば、4Kブラビアなど、50インチ以上の大型テレビで4K対応しているなら、もちろんプレミアムプランがオススメです。

メリット
  • 価格が選べてプレミアムでも安い
  • 同時視聴に対応できている
  • 唯一画質に4Kがある
デメリット
  • バラエティー番組・特撮がほとんどない。
  • 日本ではラインナップがまだあまり充実していない

機能面に関しては、非常に優れた配信サービスを行っています。
NETFLIXのレコメンド機能は長く映像を楽しんでいく中では便利な機能です。

レコメンド機能とは?
自分好みの作品をいくつか最初に選ぶと、好みに合わせた作品をピックアップします。
さらにレコメンド機能の精度があり、積み重ねて視聴していくことで、☆5段階で自分好みかどうかをNETFLIXが判断してくれる。

☆5MAXなら「めっちゃ好きでしょ?こういうの?」と言われているようなものです。

現状では、機能面の話だと是非一押しのサービスです。
日本では始まったばかりでラインナップは充実していませんが、世界最大の動画配信サービスという事からしても増えていく一方でしょう。

ブラビアの大画面で迫力ある映像を楽しむならば、4K動画を見放題のNETFLIXでしょう!

NETFLIX 1ヵ月の無料体験からトライしてみませんか?

U-NEXT

U-NEXT_top

(株)USENから始まった無料動画配信サービスGyaoの後継サービスに当たります。
ブラビアは2010年6月からネットチャンネルのサービスを開始。

2010年12月に会社分割で分離独立して、今の形態になりました。

その後、現状の市場の各メーカーにサービス提供を開始。

その映像配信数は10万本以上となっており、国内の動画配信サービスの中では充実さが凄いです。

メリット
  • ラインナップが充実している。10万本以上の配信
  • 動画のみならず、電子書籍も楽しめる
  • 男性には嬉しいあの存在がある
デメリット
  • ポイント制が少しややこしく感じる
  • 少し料金が高い

U-NEXTの料金について説明します。
月額の料金は1,990円で、動画視聴に使えるポイントが1,000ポイント付きます。

このポイントは有料コンテンツに使う事になるのですが、全体の3~4割は見放題になっているので、使わずの済む場合もあります。
ポイントの有効期間は45日間。

ポイント制の落とし穴
「ポイントOK」作品にポイントを使うのですが、そのポイントOKというのは今自分が保有しているポイントを超えていても視聴する事ができて、超過分を別請求するという事です。
なので、保有しているポイントには気を配って、動画の視聴にも見放題なのか、ポイントなのかに注意しましょう。

このU-NEXTは分かりづらい料金システムが一歩引いてしまう所ではありますが、コンテンツの量は多いですし、男性の方には嬉しいアダルト動画も見放題(一部ポイント制あり)なため、利用する価値は高いでしょう。

料金システムの把握はしっかりしておいた方が良いです。

U-NEXT 31日間の無料体験!600ポイントもゲットできる!

楽天SHOWTIME

楽天SHOWTIME

楽天(株)の動画配信サービス事業の一つです。

楽天SHOWTIMEは、個別課金制と月額見放題制をそれぞれパックで契約できます。
また、楽天という事で楽天スーパーポイントが使えるのも魅力の一つです。

動画本数は80,000本以上でU-NEXTに次ぐコンテンツ量です。

映画やドラマだけでなくて、宝塚の舞台やトークの動画や、パチスロやパチンコの動画も多く配信されているので、限定的ではありますが特定の視聴者には満足のいくラインナップでしょう。

メリット
  • 楽天スーパーポイントが使える
  • 80,000本以上のコンテンツ
  • 月額見放題のパックが多数ある
デメリット
  • 画質がHD以上対応していない

楽天SHOWTIMEは豊富なコンテンツと楽天スーパーポイントが使えるのが大きなポイントです。

しかし、U-NEXTはFullHD画質まで配信しているのに対して、楽天SHOWTIMEはHDまで。

携帯端末などで見るには十分ですが、ブラビアなど4Kテレビの表現力を生かしたいなら高画質のサービスが良いかもしれません。

楽天SHOWTIME 31日の無料体験とクーポン&ポイントキャンペーン実施

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV
カルチュア・コンビニエンス・クラブグループのT-MEDIAホールディングスが運営している動画配信サービスです。

メインとしては、月額933円の動画見放題プラン。
しかし、対象の動画でのみしか見放題にならないので注意してください。

ラインナップは約50,000程度で約10,000作品が見放題プラン対応となっています。

見放題プラン適用外の作品はTSUTAYA同様にネット上でレンタルか購入という事になります。

レンタル
・新作:400円~
・旧作:200円~

動画販売
・新作映画:2,100円~
・旧作:1,000円~

ただ、動画見放題プランに加入すれば、課金の新作タイトル2本分のポイントがもらえます。(1,080円相当)

メリット
  • 動画見放題プラン+ポイントでお得すぎる
  • TSUTAYA同様のレンタルと購入が出来る
デメリット
  • サービスページ(UI)が全体的に使いにくい

TSUTAYA TVは単に動画配信サービスだけではなくて、ネット宅配レンタルサービスも同時に申し込む事が出来ます。

TSUTAYA DISCUSの「動画見放題 & 定額レンタル8」のプランでは、TSUTAYA TVの見放題サービスに加えて、DVD23万タイトル・CD17万タイトルを宅配レンタルできるという優れたプラン。

月額料金は2,417円となりますが、映像作品だけじゃなくて、CDも借りることができるのは魅力があります。

TSUTAYA TV 動画見放題プランは30日間のお試しあり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です