4Kテレビかフルハイビジョンテレビのどちらを買うか?

4kbravia
これからテレビを買い替えようとしている方は、フルハイビジョンテレビか、4Kテレビかどちらが良いのか迷われると思います。

ここでは4Kと2Kの違いと、選ぶポイントを紹介したいと思います。

4Kと2Kって何?

y_KD-X9500B_full4k
4Kテレビとは、現在主流のフルHDテレビ(1920×1080ピクセル=2.1メガピクセル)に比べて、約4倍高精細なテレビです。

4Kテレビは3840×2160ピクセル=8.29メガピクセル(829万画素)の解像度となります。

横方向に約4000個(=4K)の画素が並んでいることから4Kテレビと呼ばれています。

2Kは約2000個ということで、フルHDテレビ(1920×1080)のことを指します。

高精細だと何が違うのか

先ほど解像度とピクセル(画素)という言葉が出てきましたが、あまり聞きなれない言葉かもしれません。

簡単に言うと、ピクセルは「点」、解像度は「点の数」と言えます。

たくさんの点で書いた絵と少ない点で書いた絵は、どちらが実際の見た景色と近くなるでしょうか?

当然、たくさんの点で書いた絵の方が実際の景色と近くなりますよね。

4Kは2KやフルHDテレビに比べて約4倍(縦に2倍×横に2倍で4倍)も点の数が多い事で、リアルで繊細な景色を楽しめます。

4Kテレビと2Kテレビの大きな違い

視聴距離の違いで迫力が変わる

4Kテレビの良さは、画素のつぶつぶが目立たない滑らかな映像を表現できるところです。

フルHDテレビも、目安として、画面の高さの3倍以上の視聴距離で見れば、滑らかな映像が見られます(粗さが目立たない)。

しかし、近年テレビが大型化してきた事により、必要な視聴距離が長くなってきています。

小型テレビから大型テレビに買い替えて、同じ場所に置いて見てみたら、

「画がザラザラしている気がして見にくい」
もしくは
「近すぎるように感じる」という事があります。

これは、テレビが大きくなったことにより、必要な視聴距離が長くなった一方、実際の視聴距離は以前のテレビと変わらなかったために起きる事例です。

4Kテレビは、画素が約4倍になったことで、1つ1つの点が小さくなりました。

そのため、視聴距離の目安は、同じ大きさのフルハイビジョンテレビの約半分です。

大型テレビで迫力のある映像が見たいけれども画面の高さの3倍以上の視聴距離がとれない方は、必要な視聴距離が短い4Kテレビを購入するのがオススメです。

また、視聴距離を近くすると、視野に占める画面の割合が大きくなり、映像の迫力が増します。

画質について

4Kテレビで今までの映像を見ると、画質が良くなっていることがわかると思います。

フルハイビジョンまたはそれ以下の映像が4K映像として補正・変換され、細かい部分が綺麗になったことで、全体の画質が向上しています。

ただ、さらに、4K画質の映像を4Kテレビで見ると、今までの映像と明らかに違うのがわかります!

4K放送は現在CS放送でしか視聴できませんが、NETFLIXやHuluといったビデオ配信サービスでは4K画質の映画やドラマを配信しています。

レンタルDVDに代わるサービスとして注目を集めてきています。

価格について

北京オリンピックのハイビジョンブームの時もでしたが、オリンピック前は需要があるため、価格も上がってくることも十分予想されます。

ただ、開発が進み、4Kテレビのベース価格は年々お値打ちになってきています。

もっとも「『4Kテレビはこの値段』『フルハイビジョンはこの値段』さてどっちを選ぶか?」という比較のイメージではなく「このサイズ以上は4Kテレビ」という風にメーカーのラインナップが固まりつつあります。

というのも、基本的に4Kテレビとフルハイビジョンテレビは、画面の大きさで住み分けされるものだからです。
具体的なラインは50インチ程度です。

現在、フルハイビジョンと4Kテレビのラインナップが重なるゾーンは、40~55インチのサイズになっています。

4Kテレビの楽しみ方

pict_03
画質にこだわる方や、視聴距離がとりにくいけど大型テレビが欲しい方には4Kテレビをオススメします。

まだ本格的な4K放送が始まっていませんが、4Kテレビライフを満喫する方法はいくつかあります!

今から4Kテレビを楽しむには?

1pict_01
4Kテレビをインターネットにつなげれば、ビデオ配信サービス(有料)やYouTube(無料)にある4K動画を鑑賞できます。

デジタル一眼カメラで撮影した写真や、4Kハンディーカムの映像も、4Kブラビアに映して楽しめます。

写真鑑賞はオススメです。
4Kブラビアの大画面いっぱいに写真を表示する方法

4Kテレビのポイント

■4Kテレビは2Kテレビより約4倍高精細。
■小型・中型テレビから大型テレビへの買い替え時に視聴距離の心配が少ない。
■大型テレビで画像の粗さが目立たない。
■YouTubeの4K動画を4K画質で見る事ができる。
■NETFLIXやHuluなどのビデオ配信サービス(VOD)にある4K動画を4K画質で楽しめる。
■写真やハンディカムの画像や動画の観賞に威力を発揮する。

フルハイビジョンテレビでも良いパターン

■サイズが50インチ以下のテレビ
50インチ前後はフルハイビジョンで十分精細感があるといえます。
特に43インチ前後の4Kテレビを検討されている場合は、ぜひフルハイビジョンも一緒に検討してください。
視聴距離があまりとれない場合は、4Kテレビを検討するのが良い場合もあります。

43インチのフルハイビジョンテレビでは、おおよそ1.7m以上離れる必要があります。

「4Kテレビ買ってもどうせ8Kテレビがすぐ出るんでしょ?」と思っている方はいませんか?
自分は、一般家庭に8Kテレビはほぼ普及しないと思っています。
続きは下記の記事で。

NHKが思い描くテレビの未来から考える「テレビの買い替え時期」

4Kの購入を検討する前に、8Kテレビの発表を待つべきか?

【名古屋限定】テレビの壁掛けに興味のある方へ。

テレビの壁掛けは「空間」と「安全」への投資です。

cato_denki_official_logo

オシャレな空間を演出し、地震にも強くなる。
掃除もしやすい上に、小さいお子さんやペットがうっかり倒してしまう心配もありません。

一石二鳥にも一石三鳥にもなるのがテレビの壁掛けです。

カトーデンキはテレビの壁掛けをオススメしています。
名古屋にお住まいの場合は、カトーデンキにぜひご相談ください!

壁掛け工事の流れや料金表、よくある質問などについては「詳細ページへ」からご覧ください。

      2016/05/14

 - テレビを選ぶポイント