名古屋市のSONY販売店 カトーデンキのホームページへ

テレビの壁掛けでケーブルをすっきりさせる!ケーブルの隠し方について

テレビの壁掛けをするときに、いろいろ気にしなければならないことがあります。

  • 壁の種類(石膏ボード・エコカラットなど)で自分の家の壁にテレビをきちんと掛けられるのか?
  • 壁掛け金具の種類(角度固定式・アーム式など多々あります)をどのタイプに選定するのか?

などがあります。

これはテレビが壁に掛かるのに重要な要素になるので、しっかりと把握して選定することをおすすめします。

そちらが気になる方は、別の記事でまとめてあるので参考にしてください。

テレビの壁掛けに挑戦する場合に気をつけたいこと~壁の材質・強度編~

テレビ壁掛け金具の環境に合わせた選び方

そして今回は、テレビが壁に掛かった後のことで、テレビから伸びているケーブルの隠し方(隠ぺい)について書いていこうと思います。

テレビの壁掛けを行なうときに、周辺機器のケーブルをすっきりさせたいと思っている方は多いと思います。

個人的にケーブルを隠すことは、テレビの壁掛けでかなり重要だと思っていて、テレビの壁掛けについてのお問い合わせには、「ケーブルの隠ぺい」を推奨しています。

壁の中へケーブルを隠す

テレビの壁掛けでケーブルを隠す(隠ぺい)のに、一番良いのは「壁の中にケーブルを通すこと」です。

壁が「石膏ボード」や「エコカラット」の場合は、壁の中へケーブルを隠す(隠ぺいする)ことが最もケーブルをすっきりさせる方法です。

ケーブルを壁の中へ隠すことで、壁掛けするテレビの裏側にコンセントを新しく設置することができます。

そうすることで、仮にテレビの下に台を置いてブルーレイレコーダーやゲーム機などを接続したい場合でも、既存のコンセントからすべてのケーブルを壁の中へ納めて、テレビの裏側に新設したコンセントからケーブルを出してテレビへ配線することが可能になります。

コンセントはいくつか新設できるので、テレビ台を置かずに「シェルフ」を壁掛けにしてブルーレイレコーダーなどを置くときでもすぐ近くにコンセントを増やせることもこの方法で施工するメリットになります。

主に接続するケーブルはHDMIやアンテナ線になりますが、そのほかのケーブルでも機器からテレビまでの長さが確保できるのであれば基本的に壁の中へ通すことは可能です。

壁の中へ配線した場合は、ケーブルのほとんどを隠すことができるので、見た目がオシャレですっきりするので人気があります。

壁の中へケーブルを隠すのは業者にお任せしましょう!


上記画像は壁を補強する工法「JUSTOP(ジャストップ)」を施工しています。

壁の中にケーブルを通すために、コンセントを新設しなければなりませんので、上記画像のように壁に穴を開けます。

ご自分の家の壁(石膏ボード・エコカラット)の厚みなどを把握していることと、コンセントの種類も選定しなければなりません。

またコンセントの電源を増設するにも、第2種電気工事士の資格が必要になります。

そして壁の中にケーブルを通せる隙間があるのか?ということを知らなければ自分で施工するのは容易ではありません。

ですので、業者に施工をお願いするのが良いです。

カトーデンキではどうなの?

私たちカトーデンキでは最適なコンセントの種類を選定してから、ケーブルを壁の中へ入線していきます。

画像では、コンセントを違う種類ものに選定しました。

下のコンセントは、電源として使うのではなくケーブルの通り道として目立たなくさせるために、壁の入り口でフタをできるものを使っています。

そしてテレビまでの間に、ブルーレイレコーダー用に普段よく目にするスタンダードなコンセントを新設しました。

また壁の中へケーブルを入線できるのか下調べをしてから、ケーブルの入線を行っています。

ケーブルの隠ぺいでは、私たちがお客様へより良い施工案を提案し、しっかり打ち合わせた上で施工させていただきます。

カトーデンキとは?(カトーデンキウェブページ)

業者に頼むことで、壁の中へ配線した場合ではこのあと紹介する隠し方に比べると、仕上がりが大きく違ってきます。

モールを使ってケーブルを隠す

こちらは、モールと呼ばれるプラスティックの管にケーブルを収めて隠す(隠ぺい)方法です。

壁がコンクリートの場合は、壁の中へケーブルを通すことができないので、この「モール」でケーブルを隠していきます。

また石膏ボードでも、ケーブルを水平(横)方向へ隠ぺいする場合はモールになることが多いです。

石膏ボードでは壁に間柱が入っているので、水平(横)方向にはケーブルを通すことが出来ないのです。

そういった場合は、上記画像のようにモールを使ってケーブルの隠ぺいを行います。

もともとのコンセントの位置が、テレビを壁掛けしたい場所から離れているときには、水平(横)方向のケーブル隠ぺいにはモールを使って、そこからテレビまでの垂直(縦)方向は壁の中に隠ぺいするという2つの隠ぺい方法を合わせて使うこともできます。

モールを使って隠ぺいするのは、じつは難しい?!

モールでケーブルを隠す(隠ぺい)ことは、壁に穴を開けたりすることも無いので、簡単そうなイメージがあります。

しかし、モールでケーブルを隠す場合でも、気を付けなければならないことがあります。

  • モールの取り回し方・モールの固定方法
  • モールの色
  • モール同士をジョイントさせる部分

モールの取り回し方は、いろいろなルートで取り回せるのでDIYでも簡単に施すことができそうなイメージです。

しかし、ルートが色々あるとは言え無駄に遠回りしたりして施工することは考えづらいですよね。

そこで、モールをコンセントからテレビやコンセントまで最短ルートで見栄え良く取り回したいと考えても、いざ施工するとなると難しいときがあります。

またモールを壁に固定するときにはモールをビス止めする場合もあります。

コンクリートの壁にモールを固定する場合は、壁に穴を開けてビスで固定していきます。

DIYで施工するならモールの取り回し方や固定方法もしっかりと調べて、施工する必要があります。

色を合わせることが難しい?!

モールでケーブルを隠す(隠ぺい)ときに、モールは壁に固定します。

そこで生じるのが「壁とモールの色が合うのか?」「部屋の雰囲気となんか違うんじゃないか?」など考えてしまうときがあります。

モールはよく見るものでは「白」が多いです。

近所のホームセンターで売られているものも、白をメインに取り揃えていたりします。

インターネットで探せば、黒などの塗装が施されているものも販売されていますが、実際に見てみないと色の濃さなどがはっきり分からないということもあります。

部屋が白を基調にしている場合なら、合わせやすかったりしますが、白以外ではなかなか思い通りにならない場合が多いと思います。

モールのジョイント部分はしっかり選定したほうが良い!

モールは1本のストレートな管を長さに合わせて切断し、ジョイントパーツを接続してケーブルの通り道を作ります。

画像のように曲がる部分にはジョイントパーツを接続していきます。

ただ、このジョイントパーツにも多々種類があります。

モールを延長させるため、モールを垂直に方向を変えるため、自由度を高くフレックス方向を変えるためなど取り回しをしやすくするジョイントが多くあります。

モールを取り回すうえで、ジョイントは必須になってきます。

取り回す箇所の形状に合わせたジョイントを選定することが知識があまりない場合では難しくなってきます。

形状やモール径が合わないとうまく取り回せなくなってしまいます。

コンクリートの壁でケーブルを隠すにはモールしかありません!

壁がコンクリートの場合、ケーブルの隠ぺいをするなら「モール」で施工するしかありません。

コンクリートの壁に穴を開けることができないからです。

コンクリートの壁でも、事前にテレビの壁掛けをするということで壁の施工をしてある場合は、壁掛けする位置にコンセントが設置してある場合があります。

壁にエコカラットが施されている場合

エコカラットで施工されている壁では、「壁の中へケーブルを隠ぺい」と「モールでケーブルを隠ぺい」ができます。

エコカラットの場合、壁の中へケーブルを隠すなら石膏ボードのときと同様にコンセントを新設します。

エコカラットを新設するコンセント分の大きさでカットして、コンセントを新設するという施工になります。

またモールで隠ぺいする場合に気を付けなければならないのが、「エコカラットの壁にモールを固定できるのか?」ということです。

モールの固定には、両面テープで固定するか?ビスで固定するか?があります。

両面テープで固定する場合は、そのときはモールを固定できても時間が経つと粘着力が弱くなって剥がれてしまう可能性があります。

またエコカラットの表面が、両面テープの張り付きづらい素材にもなっている場合があります。

ビスで固定するにも、エコカラットが割れてしまうのでビスで固定する方法では難易度が高くなります。

また、コンクリートの壁にエコカラットが施されている場合は、壁の中へケーブルを通すことができませんので、モールでの隠ぺいになってしまいます。

しかし、エコカラットにモールを走らせてしまうとどうしても見栄えが悪くなってしまう可能性があります。

私たちカトーデンキでは、そういった場合にはコンサルティングのときに状況を確認し、見栄えを考慮した施工を提案できる場合があります。

カトーデンキ・テレビ壁掛けのウェブページ

エコカラットでケーブルを隠すなら、壁の中へ通す場合でも、モールで隠す場合でも業者にお任せすることをおすすめします。

まとめ

今回はテレビの壁掛けでのケーブルの隠し方(隠ぺい)についてまとめました。

基本的には、壁の中へケーブルを隠すかモールを使ってケーブルを隠すという方法で行います。

もちろん、ケーブルの隠ぺいは行わずにテレビの壁掛けをすることはできますが、普段からテレビの壁掛けを数多く施工している当店(カトーデンキ)でもケーブルの隠ぺいは推奨させてもらってます。

テレビの壁掛け後に見た目をすっきりさせてオシャレに見せるなら、ケーブルの隠ぺいは必須になると考えています。

おもいきってテレビの壁掛けをするならば、ケーブルはやはり露出しないほうが美しいですから。

あとは、業者にお願いするか?自分でやるか?です。

自分でケーブル隠ぺいする場合は念入りな準備が必要ということです。

業者にお願いするなら、しっかりと打ち合わせして施工してもらいましょう!

カトーデンキだからできる「ケーブルの隠し方へのこだわり」

そうだ!壁掛けテレビにしよう!(カトーデンキウェブページ)

カトーデンキでは、テレビの壁掛けをするにあたって「ケーブルの隠ぺい」を推奨しています。

ケーブルの隠ぺいで推奨しているのは、壁の中にケーブルを隠す方法です。

石膏ボードの場合に壁の中へケーブルを隠ぺいしていますが、お客様と打ち合わせの上やむを得ずモールで施工する箇所もあります。

あとは、お客様が「モールでケーブルを隠してほしい」という場合には、モールでケーブルを隠ぺいさせていただきます。

壁の中にケーブルを隠す場合

  • コンセントの新設
  • ケーブルの入線
  • 周辺機器(ブルーレイレコーダーやゲーム)がある場合には機器接続および動作確認

またケーブルの隠ぺいの際にご相談いただければ接続するHDMIケーブルの長さも変更することができます。

壁の中から出てきたHDMIケーブルも長すぎると、邪魔になったり目障りになってしまう可能性があります。

カトーデンキでは、短いもので1m以下のHDMIケーブルなどもご用意させていただきます。

「壁から出たHDMIケーブルも束ねたりせず、すっきりと必要な分だけ」ということにもお応えします。

またやむを得ずモールで施工してしまう場合でも、モールの準備から取り回し・固定もお任せください。

部屋の雰囲気に合わせて、モールを塗装することも可能です。

またモールのジョイント部分に関しても多くの種類の中から最適なものを選定し、すっきりと取り回しいたします。

テレビの壁掛けで生じたケーブルはスッキリと収納します!

そうだ!壁掛けテレビにしよう!(カトーデンキウェブページ)

カトーデンキでは、インターネットでテレビの壁掛け料金のお見積りをすぐに知ることができます。

インターネットでのお見積り時にケーブル隠ぺいについても選択していただけます。

また、メール・電話のお問い合わせに加えてLINEでのお問い合わせも可能ですので、お気軽にお問い合わせいただけます。

愛知・岐阜・三重でテレビの壁掛け工事やってます。

テレビの壁掛けは「空間」と「安全」への投資です。

cato_denki_official_logo

オシャレな空間を演出し、地震にも強くなる。
掃除もしやすい上に、小さいお子さんやペットがうっかり倒してしまう心配もありません。

一石二鳥にも一石三鳥にもなるのがテレビの壁掛けです。

カトーデンキはテレビの壁掛けをオススメしています。
東海三県にお住まいの場合は、カトーデンキにぜひご相談ください!

壁掛け工事の流れ料金表よくある質問などについては「詳細ページへ」からご覧ください。

      2017/08/22

 - テレビ壁掛け