4K本放送が始まっていないのに、4Kテレビが買われる理由

最初の4Kテレビが発売(ソニーは2012年)されてからそれなりに時間がたちました。

しかし、まだ地上波はもちろん、BSでも4K本放送は始まっていません。

これだけ読むと、4Kテレビを買う必要も、買われている理由もよくわからないという人が多いかもしれません。

今回は、4Kブラビアを買う理由について解説します。

一番の理由は、やっぱり画質!

4Kブラビアが買われている大きな理由のひとつは、やはり画質です。

4K放送が始まっていないので、4Kテレビといっても画質は変わらないと思っている方もいるかもしれません。

実際は、地上波の放送もBSの放送も画質は大きく違ってきます。

そのことを理解してもらうために、まずは、ブラビアに搭載されているX-Reality PROという映像エンジンについて説明します。

X-Reality PRO

x-reality-pro
ブラビアには、解像度がフルハイビジョンのすべてのモデルにX-Reality PROという超解像エンジンが搭載されています。

X-Reality PROは、映像を補完することで画質をフルハイビジョンに向上する機能です。

この威力は、ブラビアでYoutubeを見てみると、よくわかります。

4Kブラビアには、4K X-Reality PROという超解像エンジンが搭載されています。

4K X-Reality PRO

x-reality
4K X-Reality PROは、X-Reality PROの強化版です。

X-Reality PROの処理を行った後に、4K映像に変換する機能を持っています。

つまり、地上デジタル放送や、ブルーレイの画質が4K画質になるということです。

フルハイビジョンの画質を4Kにする意味は、ディスプレイのサイズが影響してきます。

画面が大きいほど4Kが生きる!

デジタル映像は「点」の集まりです。

「点」はより細かく、多いほうが、きれいな映像になります。

この「点」は「画素」と呼ばれています。

画素数が多いほど、点が多いということです。

4Kpixel

フルハイビジョンでは約207万画素、4K映像は約829万画素となっています。

フルハイビジョンでは、画面のあらさが気になるような大きなディスプレイでも、画素数が約4倍の4Kテレビならば、あらくならないということです。

50インチのフルハイビジョンと4Kテレビのイメージを表にしました。

テレビとの距離 フルハイビジョン 4Kテレビ
3m きれい きれい
2m ところどころ荒いかも きれい
1m 荒さが目立つ きれい

画面のサイズが大きくなればなるほど、画素も大きくなってくるため、違いがより大きくなります。

つまり、ディスプレイサイズを大きくしたときに、4K画質が効いてくるわけです!

フルハイビジョン画質の液晶テレビより近づいても、あらさが目立つということがないので、視聴距離も近くすることが可能です。

視聴距離が近くできる!

sityoukyori
視聴距離を近くすると、視野に占める映像の割合が大きくなります。

つまり、映像の迫力が増すということです。

単純にディスプレイサイズが大きくなったというよりも、大きなインパクトがあると思います。

4K体験談

ソニーストア名古屋に展示してあったKD-85X9500B(85型の4Kテレビです!)を視聴したときの話です。

展示機からソファまでの距離はだいたい1~2mでした。

座る前はかなり近そうだなと思ったのですが、実際に座ってみてみると、目が痛いということはなかったです。

それよりも視野いっぱいに広がる映像の迫力に圧倒されました。

画質があまり関係のないニュースやバラエティー番組を見るというよりは、映画やドラマ、スポーツ観戦に向いていると思います。

映画やスポーツ観戦が趣味の人は4Kテレビがオススメです!

4K画質のコンテンツがかなり増えてきている

ソニー液晶テレビ「ブラビア」のすべての4Kモデルには無線LANが内蔵されています。

ネットワークの環境があれば、インターネットを利用した動画配信サービスを利用することができます。

ドラマやアニメ、映画、お笑いなど、様々な動画を楽しめます。

BSなどでは4K画質の映像は視聴できませんが、動画配信サービスでは4K画質の映像がどんどん増えてきています。

4Kに力を入れているのは、NETFLIXというアメリカ発の動画配信サービスです。

10万本以上のコンテンツから4K動画配信まで!動画配信サービスのまとめ

上記の記事には説明がありませんが、最近ブラビアは、Amazonプライムビデオにも対応しました。

動画配信サービスで好きなコンテンツを好きなときに視聴するという使い方も一般的になりつつあります。

すぐ8Kテレビとか16Kテレビとか出るんでしょ?

今4Kテレビは買わないで、8Kテレビないしは16Kテレビが出るのを待ったほうが良いんじゃないかという方もいるかもしれません。

時間の経過とともに4Kテレビの製造コストなどが下がって安くなるというのはあるかもしれません。

ただし、8Kテレビが出たということで4Kテレビが安くなるということはないと思います。

詳しくはこちら。
4Kの購入を検討する前に、8Kテレビの発表を待つべきか?

【名古屋限定】テレビの壁掛けに興味のある方へ。

テレビの壁掛けは「空間」と「安全」への投資です。

cato_denki_official_logo

オシャレな空間を演出し、地震にも強くなる。
掃除もしやすい上に、小さいお子さんやペットがうっかり倒してしまう心配もありません。

一石二鳥にも一石三鳥にもなるのがテレビの壁掛けです。

カトーデンキはテレビの壁掛けをオススメしています。
名古屋にお住まいの場合は、カトーデンキにぜひご相談ください!

壁掛け工事の流れや料金表、よくある質問などについては「詳細ページへ」からご覧ください。

      2016/07/25

 - テレビを選ぶポイント