2014年モデル4Kブラビアの比較

tokucho_mainvisual

現在放送されているフルハイビジョンの解像度(1920×1080)を超える4K。
解像度は、フルハイビジョンを大きく上回る3840×2160を誇ります。

4Kについては下記の記事に書きました。
4Kテレビって何が違うの?4Kの魅力とは

4Kテレビでは、フルハイビジョンでは表現し切れなかった精細な部分を表現することが可能になります。
また、大きな画面のテレビでも粗さが目立ちません。

4Kテレビの中でもSONYのBRAVIAは、映像はもちろんですが、音にも力を入れています。
映像のクオリティが高くても、音がそれに準ずるものでなければ、映像コンテンツとしての4Kの魅力を100%引き出せません。

SONYが世に送り出す4K BRAVIAの重点部分を製品ごとにまとめてみましたので、各製品を比較しながらご紹介したいと思います。

赤字は比較対象内で1番優れている点青字2番目に優れている点になっています。

【X8500Bシリーズ】

X8500B

型番 KD-70X8500B KD-65X8500B KD-55X8500B KD-49X8500B
画面サイズ 70インチ 65インチ 55インチ 49インチ
チューナー(各項目は、全シリーズ共通) 地上デジタル:2
BS:110度CSデジタル:2
CATV 対応ch:C13~C63
CATVパススルー:可
解像度 3840×2160
バックライト LED
高輝度技術 -
スピーカー数[ ]内は最大出力(W) 4[20] 2[20]
LAN 有線/無線 両標準搭載
DLNA クライアント機能のみ可
外付けHDD録画 可(裏番組録画も含)
2画面表示
入出力端子(各項目は、全シリーズ共通) D端子(D5規格):1
HDMI端子:4
コンポジット端子:1
RGB/DVI端子:-
USB:3
LAN:1
光デジタル出力端子:1
ヘッドホン出力端子:1(※ヘッドホン出力端子は、サブウーファー出力端子兼用)
アナログ音声出力端子:1
MHL端子:1
寸法(cm)(幅×高さ×奥行)[ ]内はスタンドを含めた寸法 157.2 x 93.8 x 7.5
[157.2 x 98.3 x 36.4]
144.8 x 86.5 x 6.6
[144.8 x 91.0 x 28.5]
123.2 x 74.1 x 6.6
[123.2 x 78.5 x 28.5]
109.4 x 66.4 x 6.6
[109.4 x 70.4 x 22.5]
重量(kg)[ ]内はスタンドを含めた重量 43.0[44.0] 32.7[33.3] 23.5[24.1] 18.1[18.6]
年間消費電力(W) 283 255 221 195

X8500Bの特徴

・4Kシリーズのエントリーモデル。コスト面重視の方におすすめ。
・KD-70X8500Bには、ウーファーが2基搭載されているので、重低音を重視する方向け。

X8500Bシリーズの特徴をまとめた記事を書きました。

【X9200Bシリーズ】

X9200B

型番 KD-65X9200B KD-55X9200B
画面サイズ 65インチ 55インチ
チューナー
(各項目は、全シリーズ共通)
地上デジタル:2
BS:110度CSデジタル:2
CATV 対応ch:C13~C63
CATVパススルー:可
解像度 3840×2160
バックライト エッジ型LED部分駆動
高輝度技術 X-tended Dynamic Range
スピーカー数[ ]内は最大出力(W) 6[65]
LAN 有線/無線 両標準搭載
DLNA クライアント機能のみ可
外付けHDD録画 可(裏番組録画も含)
2画面表示
入出力端子(各項目は、全シリーズ共通) D端子(D5規格):1
HDMI端子:4
コンポジット端子:1
RGB/DVI端子:-
USB:3
LAN:1
光デジタル出力端子:1
ヘッドホン出力端子:1(※ヘッドホン出力端子は、サブウーファー出力端子兼用)
アナログ音声出力端子:1
MHL端子:2
寸法(cm)(幅×高さ×奥行)[ ]内はスタンドを含めた寸法 171.5x87.8x9.9
[171.6x91.6x32.0]
149.3x75.2x9.9
[149.4x79.1x32.0]
重量(kg)[ ]内はスタンドを含めた重量 45.9[46.6] 37.4[38.1]
年間消費電力(W) 282 236

X9200Bの特徴

・スピーカーの出力(W)が最も大きく、最大65Wもあるので音に迫力感がある。
・MHL端子が2系統あるので、タブレットやスマートフォンなど2台持っている場合、つなぎ換える必要がない。
・X-tended Dynamic Rangeにより、画面の明るい部分に普段の2倍の電流を流すことによって、更に明るさを増大させて高画質に見せることが可能。

X9200Bシリーズの特徴をまとめた記事を書きました。

【X9500Bシリーズ】

X9500B

型番 KD-85X9500B KD-65X9500B
画面サイズ 85インチ 65インチ
チューナー(各項目は、全シリーズ共通) 地上デジタル:2
BS:110度CSデジタル:2
CATV 対応ch:C13~C63
CATVパススルー:可
解像度 3840×2160
バックライト 直下型LED部分駆動
高輝度技術 X-tended Dynamic Range PRO
スピーカー数[ ]内は最大出力(W) 6[40] 5[30]
LAN 有線/無線 両標準搭載
DLNA クライアント機能のみ可
外付けHDD録画 可(裏番組録画も含)
2画面表示
入出力端子(各項目は、全シリーズ共通) D端子(D5規格):1
HDMI端子:4
コンポジット端子:1
RGB/DVI端子:-
USB:3
LAN:1
光デジタル出力端子:1
ヘッドホン出力端子:1(※ヘッドホン出力端子は、サブウーファー出力端子兼用)
アナログ音声出力端子:1
MHL端子:2
寸法(cm)(幅×高さ×奥行)[ ]内はスタンドを含めた寸法 195.4x115.0x10.3
[195.7x121.4x45.2]
149.2x89.7x10.7
[149.3x95.0x34.8]
重量(kg)[ ]内はスタンドを含めた重量 70.8[73.7] 42.0[43.9]
年間消費電力(W) 462 326

【X9500Bシリーズ】の特徴

・85インチサイズがあるため、大画面でコンテンツを楽しみたい方におすすめ。
・MHL端子が2系統あるので、タブレットやスマートフォンなど2台持っている場合、つなぎ換える必要がない。
・X-tended Dynamic Range PROにより、画面の明るい部分に普段の3倍の電流を流すことによって、更に明るさを増大させて高画質に見せることが可能。

まとめ

上記の表を総合的に見ると、
X8500Bシリーズは、低コストで4Kテレビを導入したい方向け。
X9200Bシリーズは、音響を重視される方向け。
X9500Bシリーズは、大画面で画質を重視される方向け。
となるのではないかと思います。是非、参考にしてみてください。

X8500Bシリーズと、X9500Bシリーズには、ホームシアターシステムの導入をオススメしています。
映像だけでなく、音も向上させると、迫力や臨場感が変わってきます。

まだ4K映像が普及していないので、必要ないと考えている方もいると思いますが、ソニーの4Kブラビアには4K X-Reality PROという超解像エンジンが搭載されています。
4K X-Reality PROは、地デジやブルーレイ・DVDなどの映像を4K映像にアップスケーリングします。
つまり、フルハイビジョンの映像も、4Kのより綺麗な映像で楽しめるというわけです。

オススメです。

【名古屋限定】テレビの壁掛けに興味のある方へ。

テレビの壁掛けは「空間」と「安全」への投資です。

cato_denki_official_logo

オシャレな空間を演出し、地震にも強くなる。
掃除もしやすい上に、小さいお子さんやペットがうっかり倒してしまう心配もありません。

一石二鳥にも一石三鳥にもなるのがテレビの壁掛けです。

カトーデンキはテレビの壁掛けをオススメしています。
名古屋にお住まいの場合は、カトーデンキにぜひご相談ください!

壁掛け工事の流れや料金表、よくある質問などについては「詳細ページへ」からご覧ください。

      2015/03/05

 - ブラビア比較記事